売却だけじゃない!賃貸一括査定もOK!なマンションナビの注意点

マンションナビといえば、中古マンションの売却に特化した一括査定が無料で依頼できるサイトというイメージありますよね。

でも実は「賃貸だったら?」という賃貸一括査定も同時にできちゃうんです!

賃貸一括査定といっても売却買取査定と同時OK!

マンションを処分しようかというとき、その方法は売却や買取だけがすべてではありませんよね。

例えば、転勤により売却を検討している場合や、相続した物件で売却に踏み切れずにいる物件には、賃貸という選択肢もあります。マンションナビの無料査定なら同時に賃貸での査定も依頼できますから、売るか貸すかで迷っている人にはありがたいですね。

また、だいたいの相場を知ろうという段階であっても、マンションごとに売却相場だけでなく賃貸の場合の家賃相場と表面利回りも同時に知ることができます。

しかも査定の依頼が同時なら、入力の手間も一度で済みます。

マンションナビで賃貸一括査定するときの注意点

賃貸一括査定、または賃貸も視野に入れた一括査定という場合に気をつけたいのが、無料査定申し込みフォームでの依頼先会社選択。

「これはちょっとしたトラップだな~」と思うのですが、賃貸の査定の場合は気をつけないと「賃貸に関してはどこからも連絡がない」という事態もあり得るんですよ・・・。

マンションナビでは物件情報を入力した次の画面で、個人情報の入力ページの下部に候補会社が表示されます。売却の査定に関しては、最初からチェックが入っている状態なので「ここは不要」という会社のチェックを外して行けば良いし、選びがたければそのままでも良いんです。

ところが賃貸一括査定をと考えたとき、賃貸も同じように売却査定の候補会社と同じようにリストが表示されるものの、こちらは最初はどこにもチェックが入っていない状態。つまり、放っておいたら賃貸の査定はどこにも依頼できないんです。

本当なら賃貸の査定でも連絡があるはずの物件でも「どこからも連絡がなかった」なんてことになりかねないんですね。マンションナビで賃貸一括査定を依頼するときには、「依頼する会社にチェックを入れる」のをお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です