相場はどこまで調べられる?マンションナビで分かる相場の信憑性

売却査定、買取査定、賃貸査定。

マンションナビでは中古マンションに関するこれら3方向の査定を、一括で複数の会社に依頼できるのが特徴です。

そのマンションナビ、エリアの相場だけでなく、特定のマンションを指定した場合の相場もしっかりチェックできちゃいます。

マンションナビの相場価格の信憑性はあるのか

全国の不動産業者の中から、中古マンションの取り扱いに長けている会社を選んで提携しているというのが心強いマンションナビ。

マンションナビを運営している会社自体、マンションナビだけでなく、次の様な複数の不動産関連のWebサービスを手掛けています。

<マンションナビの運営会社が手掛けるWebサービスの一例>
・マンションのほか土地・一戸建ての相場情報を提供している「Smoola」
・11万超の分譲マンションデータを活かした市場分析や専門家コラムが読める「マンション売却の教室」
・売却時に実際にお世話になる担当者にフォーカスを当てた「itan」

これだけマンション売却に特化している会社の提供する相場情報なら、かなり信頼度も高いデータと言えるでしょう。

マンションナビではここまで相場が見れる!

マンションナビでは、売却したいマンションの場所や特定のマンション名から相場を知ることができます。

検索結果が一覧で出てきたら、該当するマンション名のリンクをクリック。

すると売却する場合の相場だけでなく、賃貸として出した場合の家賃や表面利回りまで表示されます。

もちろん何階なのか、角部屋なのか、向きは?などの部屋固有の条件により査定額は変動しますが、大体の相場感を掴むにはじゅうぶんな情報です。

また無料の会員登録が必要ですが、部屋固有の条件を絞り込んで相場を調べることもできます。

さらに過去の売却事例も同じページから見ることができます。いつどの位の価格帯で?近隣の物件は?という情報まで見られるのは、かなり参考になりますね。

 

マンションナビの3方向一括査定で、一番お得なプランを選択!

中古マンション売却の一括査定ができるサイトはいくつかあります。

そんな数ある一括査定サイトの中も、マンションナビでは売却・買取・賃貸と3方向での査定を一括で依頼できるのが強みです。

マンションナビの査定は売却に特化?

マンションナビでは、中古マンションの売却査定が一括で最大9社に依頼できます。

「そんなにたくさんの会社に査定を依頼する必要ある?」と思ってしまうところですが不動産屋には特徴があり、どこでも同じ査定額ということはありません。

エリアや物件タイプなど、会社ごとに得意分野があります。

売却したい物件の条件とマッチしている会社の中から査定額の一番高いところを選べれば、それがもっとも賢くオトクに売却できる方法です。

しかし物件とのマッチングの良さも特徴のひとつであるマンションナビでは、買取業者の査定も依頼できるんです。

売却だけでなく、買取や賃貸という選択肢

不動産屋さんに間に入ってもらって一般の人に売却する、というのが一般的な中古マンション。

自分では気にいって購入した住宅であっても、築年数や立地によっては売れにくいこともあります。また、築浅なら売れやすいと思っている方も多いと思いますが、必ずしもそんなこともありません。

なかなか売却できないかも…、そんな不安がある時に考えて欲しいのが、他の選択肢です。

買取り業者に売却する

買取り業者に売却する場合、一般の人向けには売れにくい物件でも、短期間に売れることが多いんです。その代わり、業者が住宅を買取る場合には、売却査定額の7割程度まで下がってしまうことが多いです。

それでも、買い取り業者に売却した方が最終的には得をする場合もあります。

その理由はいくつかあります。

理由①住宅ローンや税金の持ち出しが減る

買取り業者の方が買取金額が安くなる傾向はありますが、スピーディに売却をすることができることも多いです。もしも住宅ローンの残債がまだ残っている住宅の場合には、早く売却すれば、その分住宅ローンの完済も早まります。また、売却した日以降の固定資産税は、買主が支払いますので、その分の持ち出しも減ることになります。高値で売却できるのをいつまでも待っているよりも、総合的にお得かもしれません。

理由②リフォームやクリーニングの必要がない

これは必ずではありませんが、買取り業者に売却する場合には、リフォームやクリーニングをしなくてもよいことが多いです。

通常、自宅を売却することを考えると、より早く・高く売却するためには、リフォームやクリーニングは必須です。それには理由があるのですが、それはまた別の機会に説明します。

買取り業者が購入する場合には、自社でリフォームやクリーニングを行う部署が合ったり、提携業者がいたりしますので、売主がリフォームなどをしていないくても問題なく買取をしてくれます。

その結果、売却後に「最終的に手元に残るお金」として計算したときには、仮に売却額が多少安くなったとしてもかえって買取の方がトクだったというケースもあります。

賃貸に出す

さらにマンションナビの場合、賃貸の査定も同時に依頼できます。

立地や間取り、周辺環境などによっては、賃貸に出して十分な利回りを得ることができます。素人ではなかなか賃貸相場が分からないかもしれませんので、そんな時にはマンションナビで査定を申し込んでみるといいでしょう。

賃貸と言うと、「客付けできなければどうなるのか不安」という方もいると思いますが、よほどのへき地であったり、あばら家である、事件のあった物件だ、という場合を除けば、それほど不安になる必要もないと思います。

特に会社員の方で、住宅ローンで購入した自宅を賃貸に出す場合には、メリットもあります。これも、別の機会に説明したいと思います。

マンションナビなら、様々な選択肢を考えられる

転勤や家族構成が変わった、暮らし方が変わったなどで自宅を売却することを考えているとしたら、売却方法や売却以外の方法も考えてみましょう。

どの方法であっても、マンションナビであれば一括査定が利用できます。

 

売却だけじゃない!賃貸一括査定もOK!なマンションナビの注意点

マンションナビといえば、中古マンションの売却に特化した一括査定が無料で依頼できるサイトというイメージありますよね。

でも実は「賃貸だったら?」という賃貸一括査定も同時にできちゃうんです!

賃貸一括査定といっても売却買取査定と同時OK!

マンションを処分しようかというとき、その方法は売却や買取だけがすべてではありませんよね。

例えば、転勤により売却を検討している場合や、相続した物件で売却に踏み切れずにいる物件には、賃貸という選択肢もあります。マンションナビの無料査定なら同時に賃貸での査定も依頼できますから、売るか貸すかで迷っている人にはありがたいですね。

また、だいたいの相場を知ろうという段階であっても、マンションごとに売却相場だけでなく賃貸の場合の家賃相場と表面利回りも同時に知ることができます。

しかも査定の依頼が同時なら、入力の手間も一度で済みます。

マンションナビで賃貸一括査定するときの注意点

賃貸一括査定、または賃貸も視野に入れた一括査定という場合に気をつけたいのが、無料査定申し込みフォームでの依頼先会社選択。

「これはちょっとしたトラップだな~」と思うのですが、賃貸の査定の場合は気をつけないと「賃貸に関してはどこからも連絡がない」という事態もあり得るんですよ・・・。

マンションナビでは物件情報を入力した次の画面で、個人情報の入力ページの下部に候補会社が表示されます。売却の査定に関しては、最初からチェックが入っている状態なので「ここは不要」という会社のチェックを外して行けば良いし、選びがたければそのままでも良いんです。

ところが賃貸一括査定をと考えたとき、賃貸も同じように売却査定の候補会社と同じようにリストが表示されるものの、こちらは最初はどこにもチェックが入っていない状態。つまり、放っておいたら賃貸の査定はどこにも依頼できないんです。

本当なら賃貸の査定でも連絡があるはずの物件でも「どこからも連絡がなかった」なんてことになりかねないんですね。マンションナビで賃貸一括査定を依頼するときには、「依頼する会社にチェックを入れる」のをお忘れなく。